ウクライナ人の花嫁を欲しがる理由に炎上?岡村隆史と発想が同じと世間の声!

  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

こんにちは!

「ウクライナ人の花嫁」を欲しがる中国人男性が急増しているとのニュースでネット上では大きな反応がありますね。

武力侵攻後に急増している理由から、発想がやばいとのことで炎上!

しかも、今回直接的には関係のないナインティナインの岡村さんの過去の発言まで持ち出されている様子。

そもそも岡村さんの発言てどんなのだっけ?と思う方や、今回の問題に対して世間の反応も聞いてみたい方にネットの反応もご紹介いたします。

題して「ウクライナ人の花嫁を欲しがる理由に炎上?岡村隆史と発想が同じと世間の声!」

それでは早速みていきましょー!

(スポンサーリンク)

目次

ウクライナ人の花嫁を欲しがる理由に炎上?

ネットニュースでは、ロシアがウクライナへの軍事侵攻を開始した2月24日以降、中国のソーシャルメディア「ウェイボー」上で、中国人男性ユーザーらが以下のような発言しているとのこと!

  • 「(戦争で)家を失ってしまったウクライナ人女性を保護します」
  • 「若くて美しく、未婚で、健康な女性が優先です」

この発言を見た方から大きな嫌悪感からいろいろな意見が出ています。

ロシアのウクライナ侵攻を「ウクライナ人女性を妻にする絶好のチャンス」としてみている中国人男性が多くいることに炎上するのは間違いありません。

ウクライナ人の花嫁を欲しがる理由に「ウクライナ人女性は中国の女性ほど富を要求してこない」からとのことですが、それでも若くて美しくて・・・と言ってる時点で現在の辛い状況を利用したデリカシーのない発言に聞こえてしまいます。

ネット上の意見も見てみましょう。

こんなん弱みにつけ込む人身売買と変わらん、妄想だけにしといてくれ

更なる地獄だろ・・・(´д`|||)どうか騙されませんように・・・(´・ω・`)

フェミニストさん、出番ですよ‼️

気持ち悪いって感想以外なんも思いつかん(´×ω×`)

マッチングサイトにいる人の井の中の蛙的な発想は怖いわな(´・_・`)
しかしまあこの時期にこの発想はなんか、色んな意味でヤバいよね(´・ω・`)

ごく一部の紹介ですが、同じように嫌悪感をいただく方は大勢いるのではないでしょうか?

そもそもウクライナ人女性にメリットはある?

そもそもウクライナ人女性にメリットはあるのか?と思いますが・・・

確かに家を失ってしまった方にとっては国際結婚することで住まいは確保できるでしょうが、そもそも言葉も通じない夫婦生活を突然始めるのも恐ろしい思考だなぁと感じます。

中国人男性にとっては、美人で若い奥さんがこの機会に来てくれることで満足なのでしょうが、発想がマジでやばいですね(>人<;)

岡村隆史と発想が同じと世間の声も紹介!

今回のニュースで、思わぬ飛び火?なのか分かりませんが以前、岡村さんが発言した発想と同じだという意見も多く上がっています(笑)

そもそも岡村隆史の発言とは?

ナイナイ岡村さんの同類と思われる発言って何?と思われる方もいるでしょう。

2020年の世界がコロナ禍となり仕事を失う方も増えてきたころ、深夜のニッポン放送「オールナイトニッポン(ANN)」で以下の発言で炎上しています。

「コロナが終息したら絶対面白いことあるんですよ。美人さんがお嬢(風俗嬢)やります。短時間でお金を稼がないと苦しいですから」

これに対し「性的搾取を待ちわびている」や「女性蔑視だ」だと批判が集中し炎上していました。

今回も世界情勢の問題から、ウクライナ人女性の弱みにつけ込み性的な思惑も汲み取れることから発想が同類とのことで再度岡村さんの名前も上がっているようですね。

こちらも世間の声を見てみましょう〜

発想がクズすぎて。
こういうのは許せるくそフェミさん、寛容やね。
岡村隆史さんの時も大して騒がんかったもんね。
ただのパフォーマー。
これと全く同じメンタリティの発言をしたけどまだテレビに出てるコメディアンが日本にいるんですよね。たしか岡村隆史って言うんですけどね。
「ウクライナ人の花嫁」の件、岡村隆史の発言に近いものを感じる。
コロナが明けたら可愛い人が風俗嬢やりますとか言っていた岡村隆史と同レベル

岡村さんの発言を思い出す方が大勢いるようですね・・・・

まとめ

今回は「ウクライナ人の花嫁を欲しがる理由に炎上?岡村隆史と発想が同じと世間の声!」と題してご紹介いたしました。

そもそも発想が気持ち悪いという意見は同感です。

ナイナイ岡村さんの発想を思い出す方が多いのも確かになぁ・・と思われる方も多そうですね。

実際に中国人に嫁ぐ方いるのか気になりますが、別の活動でウクライナ人の女性の助けになってあげてほしいところです!

それでは今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる